ドクターリセラ 合成界面活性剤

透輝の滴の効果トップ > 石油系合成界面活性剤

ドクターリセラは

石油系合成界面活性剤 不使用
防腐剤(パラベン) 不使用
合成香料 不使用
鉱物油 不使用
合成着色料 不使用

お肌に不要な成分は一切配合していません。100%有用成分でできた特別な美容液です。
だから安心して使うことができます。

あなたの使っている化粧品の成分、大丈夫?

化粧品は本来、美しくなるために使うものです。
そして化粧品、どのように選んでいますか?

ドクターリセラ透輝の滴多くの化粧品が出回る中、その品質を安定させるためにバラペン、石油系界面活性剤といったお肌に負担をかける成分が含まれているもの少なくはありません。

ドクターリセラはそのようなお肌に負担をかける様な成分は一切入っていません。
それは海洋深層水で作られた化粧品だからです。お肌に負担をかけることなく、優れた浸透性で肌に必要な水分、美肌成分をしっかり届けてくれるので、お肌が日々、美しく変化することを感じることができるでしょう。

合成界面活性剤

今、あなたが使っているシャンプー、化粧品などの成分を見て下さい。
その中に「合成界面活性剤」と書かれていませんか?

市販の製品には石油と硫酸を化合した石油系合成界面活性剤を使っているものが数多くあります。
天然由来か石油系なのか非常に区別しにくい状態になっています。

✔合成界面活性剤を使うと

肌のバリア機能を破壊してしまいます。この界面活性剤はタンパク質を溶かす力があります。
すなわち、肌の角質細胞を少しずつ溶かしてしまうということなのです。

お肌のバリア機能は水分を保つ、外部からの異物の侵入をブロックなど非常に大切な働きをしています。

ところが、合成界面活性剤によってそのバリや機能が破壊されるとお肌の水分は蒸発してしまい、角質がボロボロになり、肌が荒れてしまう。
といったことになります。

というと、どうしようと悩む人も多くいますが、すぐに洗い流せば問題はありません。

✔問題なのが「石油系合成界面活性剤」

これはいったんお肌についてしまうと取りにくい成分です。
すなわち角質層を破壊し続けてしまうということです。

メリットというと化粧品の成分が肌に浸透しやすいということです。
でも、これを化粧品に使ったとしたら、美容成分は浸透してもお肌がボロボロになってしまいます。だから使っていません。

しかし、石油系合成界面活性剤の成分が名前を変えて使われることがあります。
もし、『スルホン酸』と『○○硫酸』という名称があったら要注意!

化粧品の中には石油系合成界面活性剤が配合されているものもあります。これらの成分によって老化が促進されたり、皮膚障害を引き起こされるものもあります。

表示に全てを記載しなければならなくなりました。購入する前に成分を見極めることによって、本当に良いものを選ぶことができます。

ハリと弾力のあるお肌を手に入れる『透輝の滴スタートセット』を試してみて下さい

石油系合成界面活性剤、パラベン、合成香料、合成着色料、鉱物油など、お肌に不要な成分は一切配合していません。

それでも、ハリと弾力を感じることができます。

✔ドクターリセラの理念

経営理念に基づいた「安全」で「結果」の出る製品の提供を行うために、「石油系合成界面活性剤」、「パラペン」、「合成香料」、肌に刺激があると一般的に いわれている「旧表示指定成分」、を出来るだけ使用することなく、美と健康と地球環境に貢献し、販売活動・地域貢献・環境整備・環境保全活動に取り組んで まいります。

>>【透輝の滴】の購入はこちら

ページトップへ