透輝の滴 ほうれい線

透輝の滴の効果トップ > ほうれい線を解消するには

肌の老化の原因を知りましょう

エイジング肌、すなわち肌の老化の原因は色々ありますが、その中で65%を占めるのが紫外線です。

私たちは生まれてから、私たちの肌は絶えず、紫外線にさらされています。
そして長い間、浴び続けているとシミ、シワ、たるみの原因になります。

肌老化の原因は紫外線年を重ねても例えば、お尻などいつも隠れている場所はシミ、シワにはなっていないのが、その証拠です。

りんごの皮をむいてそのままにしておくと変色するのはほとんどの人は知っていると思います。

これと同じことが肌にも起きています。
長い間、空気にさらされると酸化してダメージを受けます。体内にはいった酸素が活性酸素に変化て起こる現象です。

肌は20歳をピークに潤いが失われはじめていきます。
大人になると化粧を始めるのも理にかなっているというわけですね。

そして加齢に従って、肌はコラーゲンが減少し、弾力を失っていきます。

紫外線A波、B波が与えるお肌の影響

✔シミ、シワなどお肌の大敵、紫外線のことを知りましょう

紫外線A波 B波紫外線はその波長によって、長いほうからA波、B波に分けられます。 紫外線予防はその特徴を知ることがまず第一です。

一言で言い表わすと毎日の生活の中で少しずつですが、浴びているのがA波 一年中降り注いでいて、天候、季節とは全く無関係です。 肌の奥まで届き、ハリ、弾力などの低下を引き起こします。

一方、海、山などに行った時に水ぶくれを起こすのがB波 肌の表皮部分でメラニン(シミの原因)を増やします。

✔油断できないA波

エネルギーは弱いので、すぐに日焼けになりません。また黒くなるのが特徴です。 真夏に炎天下の下に何日もいると、色黒になりますね。これはA波の仕業です。

日焼けサロンで焼くのもこのA波です。

日差しが強いと日傘、帽子などでガードしますが、曇っていると大丈夫と思っている人も多くいますが、A波はこの雲の隙間からも降り注ぎます。

曇っていても日傘や帽子は欠かせません。

日陰にいても同じことが言えます。 紫外線は四方八方に地面にむかって降り注いています。

紫外線は日陰でも要注意今では道が舗装されている箇所がほとんでですので、その舗装された道路に反射して攻撃してきます。

涼しいから大丈夫というのも間違っています。
今では、情報が流れ、誰でもが4月から5月、6月の紫外線量が多いことを知っています。

春先の紫外線は1年中で一番多いので、この時期は特にしっかりとガードしなければなりません。

また部屋の中にいるから大丈夫ということはありません。

A波はガラスも通します。車の中、職場でも窓際はとても危険な区域だと思って下さい。
車で移動している人で、右腕、顔の右側が日焼け状態になっている人を見ると思います。

運転中でも日焼け対策(UV防止手袋)をしている女性をよくみかけます。

A波は浴び続けるとコラーゲンの老化を引き起こし、そのためシワになりやすいのが特徴です。

✔うっかり日焼けにご用心

海、山でもしっかり紫外線対策A波と比べ、エネルギーが強く、肌が赤くなり、ひりひりするのがこのB波の特徴です。 エネルギーが強いので、肌の表面の細胞を傷つけたり、炎症を引き起こすので、シミ、また皮膚がんの原因にもなります。

海、山、スキー場で皮膚が真っ赤になりひりひりした経験があるかと思います。

ただ、雲やガラスである程度は遮ることは可能です。

わたしたちは意外とA波よりB波の方に意識がしているのではないでしょうか? A波にしてもB波にしてもお肌にあたえる影響は大きく、それがシミ、シワなどといったお肌のトラブルを生みだします。

だからこそしっかりお肌をガードしてシミ、シワ、毛穴を紫外線という外敵から守ることが大切です。

ページトップへ