シミ 予防

透輝の滴の効果トップ > シミの防止

美白ケアとシミの関係

シミに悩む女性美白ケアということばがあちこちで聞かれますが、この美白ケアとは、今あるシミを目立たなくすること、シミを作らないことを目的に美白化粧品を使うことです。

女性にとってこの「シミ」ということばは最も厄介な存在です。
どうにかして消したい、また作りたくないと、あれこれと美白ケアに取り組んでいるのが女性ですよね。

✔そもそもこのシミの正体は何でしょう

紫外線をはじめ、色々な要因で顔などにできた色素沈着の事を言います。
メラニン色素が表皮にたまった状態を言います。

シミの種類表皮の1番下にある基底層。そこにはメラノサイトがあり、紫外線、ホルモンの乱れ等などの刺激から守ろうとして、防衛反応が働き、メラニン色素を作り出します。

このメラニン色素は通常は排泄されるのですが、作りすぎ、すなわち量が多すぎると排泄しきれなくなり、表皮にたまってしまいます。
それこそがシミの正体です。

✔生活習慣の見直しと古い角質の除去

このメラノサイト、すなわちメラニンを作り出す細胞は30代後半になると活性化され、そのためにメラニン色素が多く作られる様になります。
シミとメラノサイトさらに、この年齢になると代謝機能も若い頃に比べて衰えるので、排泄せずに残ってしまうことにもなります。

30代後半になるとシミが現れやすくなるというのもそういった理由によると言えます。

紫外線の他にも肌への刺激、例えばナイロンタオルを使ったり、カミソリ負けを起こしたり、ニキビ跡といったものが色素沈着を引き起こします。

シミもできて間もないもの、薄いものは別として、出来てしまったシミを美白化粧品で消すというのはかなり困難です。

✔シミの1番の要因、紫外線をカット

シミは色々な要因があると先に言いましたが、1番は何といっても紫外線です。
シミと紫外線ある程度は美白化粧品で取ることは可能ですが、美白化粧品はそもそもシミ予防の効果の方が高いです。

美白ケアを真剣に行いたいというのでしたら、美白化粧品よりも、紫外線カットを重点的に行いましょう。
ちょっとした外出だから大丈夫。洗濯物を干す間だけ。と言って紫外線カットを怠ると、その積み重ねでシミになります。

こまめに紫外線カットを行うようにこころがけることが大切です。

美白化粧品を選ぶなら

いくら紫外線カットを行っていても100%紫外線をカットできるというとそういうわけでもありません。
だから、紫外線カット、プラス美白化粧品でメラニン色素を抑えると同時にメラニン色素を排泄する手助けをしましょう。

浴びてしまった紫外線をシミに変えないことが大切です。
メラニン色素を抑える美容液はその成分が基底層にまで届く、すなわち浸透性の良いものを選ぶことが大切です。

美白化粧品は即効性はありません。継続して使うことによって効果は現れます。

>>「透輝の滴」で肌に透明感を!

ページトップへ